衣替えしたい!上手に洋服を収納するコツを教えて!

春夏、秋冬と年2回訪れる、衣替えシーズン。来年また着れるように、きちんと衣替えしたいですよね。そこで今回は、衣替えする際におさえておきたい収納のコツをご紹介します。

賢く衣替え♡上手な収納のコツ①断捨離しよう


衣替えの時期は、断捨離のチャンスでもあります。
毎年増えていく洋服に比べると、収納スペースは限られていますよね。なので新しい洋服を購入した際は、お別れする洋服も選んでいく必要があります。

1年~2年着ていないものやサイズが変わってしまったもの、着古したアイテムはこの先着ない可能性が高いので断捨離してしまいましょう。
また、似たようなデザインのアイテムが複数ある場合、よく使うものだけを厳選して、残りを断捨離するのもいいですね。

洋服を処分するのに抵抗があるかもしれません。しかし増え過ぎた洋服は、手入れも行き届かなくなりますし、クローゼットの使い勝手も悪くなってしまいます。

ファッションは毎年トレンドが変化するので、1年~2年着る機会がなかった洋服は、思い切って断捨離するのがおすすめです。

賢く衣替え♡上手な収納のコツ②衣替えの収納方法のコツ


洋服を収納する際は、わかりやすく、選びやすいように収納するのがコツです。
衣装ケースにラベリングしたり、一目で何が入っているかわかるように収納しましょう。

例えばシャツ類は、袖を内側に折り込んで四角い形に畳みましょう。ジーンズやスカートも、四角い形になるように畳むと、まとめて収納がしやすくなります。

また、セーターや厚手のニット、フリースのように生地に厚みがあって、シワになりにくいアイテムは、くるくると巻いて筒状にして縦に収納するとコンパクトにまとまります。
ジャケットやコートを畳んで収納する際は、折り目にタオルをはさむとシワ予防できますよ。

また「畳む収納」の場合、畳んだ洋服は立てるように収納するのがおすすめ。衣装ケースを開けた際に、一目で何がどこに入っているかわかります。

しかし、畳んで収納するとシワになりやすくなります。
シワをつけたくないアイテムは上に重ねて収納しましょう。

そして、衣装ケースに洋服を収納する際は、防虫剤や消臭剤を一緒に入れるのも忘れないでください。

年々洋服は増えていくと思うので、着ないものは断捨離し、来年また新たに洋服を迎えてみてください。そしてこの先もお気に入りの洋服を着続けるためにも、衣替えはしっかり行っていきましょう。
最終更新:2024年06月13日